読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレインズ - コンピュータに賭けた男たち -

id:shi3zさんが■若い人に読んでもらいたい、コンピュータ産業の歴史が解る本を紹介している.

エントリでは

栄光なき天才たち (1) (集英社文庫―コミック版)

栄光なき天才たち (1) (集英社文庫―コミック版)

を紹介してますが,おそらくshi3zさんが紹介したいのはこいつじゃなくって

ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち (1) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)

ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち (1) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)

ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち (2) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)

ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち (2) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)


こいつでしょう.「ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち」は
バベッジチューリングやアタナソフ&ベリーなどのコンピュータ史に
名を残した男達のドラマを描ききった名作です.


作中でチューリングはこのような説明をします.

つまり人間の思考にはアルゴリズムを見つけるアルゴリズムが存在するのです.
それがわかれば…きっと機械も思考しはじめるはずなんですが…

これはチューリングがほんとに言ったセリフかは知りませんが,なかなか深い言葉だと思います.



と思ったらすでに絶版で2巻に至ってはマーケットプレイスでプレミアまでついてる.
コンピュータエンジニアは全員読むべきなのにこれはひどい...(これを書くのも2回目)


もちろん「栄光なき天才たち」もこれまた名作なので,みんな読んだ方がいいです.

追記

高井さんからナイスツッコミがありました.

id:takai_naoto 伊藤先生のページから原作が読めますよ http://brains.te.chiba-u.jp/~itot/

(おしまい)