きたるIOT社会の何かを見た

Philips hueはスマートフォンタブレットからインターネットを経由して操作できる照明システム。1600万色を超える色彩でどんな色でも再現できる。ワイヤレス電球システムです。」

 

ということで先日HUEを自宅に導入し、日々快適に使っていたわけです。

ところが今日普通の電球ならスイッチ一発で電気がつくのに、

アプリが入ったタブレットがたまたま別の部屋にあるので、PCで操作しようと思って
ブラウザ開いて「HUE」で検索して、幾つかのクリックを経てMyHUEにたどり着き、
SignIn画面でGoogleアカウント使ってログインしようとしたらちょうど二段階認証が切れてて、別の部屋にある携帯を取りに行って、「仕事してたんじゃないの?」と奥さんに睨まれつつ、なんとか携帯をゲットして認証番号を入れてやっとログインできたと思ったら、選択したGoogleアカウントが個人じゃなくて会社アカウントでHUEに紐ついてなかったので、何回もログインしなおそうとしたら変な認証用Cookieかなにかでアカウントが切り替えられず、しょうがないので別ブラウザを立ち上げてまた「HUE」で検索して、幾つかのクリックを経てMyHUEにたどり着き、SignIn画面で今度こそ個人用Googleアカウント使ってログインしてやっとこさMyHUEにたどり着いたら、部屋にあるHUEが認識できてなくて電気がつけられず、予備にあったHUEに切り替えて認識させてオンにして。。。

という過程を経て、やっと電気がついてこの記事を書いてるわけですが、きたるIOT社会の何かを見た気がしたのでした。

ちなみに毎日寝落ちしても特定の時間になったら電気をオフにしてくれる機能は便利です。

 

(おしまい)

 



P.S その後、壊れたと思ってたHUEは壊れてなく接続しなおしてスイッチ側で電源をオフ/オンすることで電気はついたんだけど、非常に納得いかない。。